2017年2月1日水曜日

お詫びと訂正

本誌No.27の大谷昭宏氏インタビュー内で、事実と異なる記載がありました。
P.10「この医者はその理事長の指示で生活保護の患者を連れてきて、勝手に肝臓を摘出していた。」とありますが、「その医者」である塚本泰彦さんは勤務医で「生活保護の患者を連れてきて」という事実はなく、また「勝手に肝臓を摘出」はしていません。訂正してお詫び申し上げます。
冤罪File 編集人 中谷慎一